2017.10.16

若松英輔のエッセイを読む。目から鱗だったのは引用されていたルドルフ・シュタイナーの「生を受けたのは、この世に生きて、他の世界では手に入れることのできぬ諸性質を身につける必要があったから」という言葉。そして、生きることでこの世を味わい尽くさなくてはならないと言う。だから生きると。理由を求めがちだけど、そうではないのだなぁ。面白い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA