2018.2.14

どういう話から名作「スーホの白い馬」になったか忘れたが、その話して〜とせがまれたので、うろ覚えで話し始めるも、これで覚えちゃったらマズイと思って、ネット様!頼り。あらすじだけ読んでいるうちに二人して涙…。でも、やっぱりどうしてもあの赤羽末吉の絵で読みたくなったので、すぐに学校の図書室で借りて来てもらった。こんなに美しい絵と話だったのだなぁと改めて感動。子供の頃とは全く感じ方が異なる絵本の楽しさ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA