2018.4.22

ひと昔前、SHOZOの学生アルバイトだった男子達がたまたま、時間差で店にやってきた。二人とももうすっかりお父さん。人懐っこさは変わらず、可愛い奥さんと子供達に囲まれて幸せそう。私は、というと完全に親戚のおばさんの体で、あら〜!立派に成長して〜!と背中をバンバン叩きたい気分。時は流れているんだわ〜と改めてしみじみ。でも、こうして店に来てくれる人がいる限り細々とでいいからずーっと立ち続けたいなと思った日曜日だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です