2018.5.10

先日読んだ「スマホは一つの世代を破壊したのか」という記事より。“10代の若者はいつの間にか、デートしたり、親の同伴なしに外出したりすることが少なくなり、大人がするような行為を先延ばしにすることが多くなった。より多くの時間をデジタル画面と共に一人で過ごし、画面を見ている時間が多くなればなるほど不幸だと感じる人は多い”これは現実世界ですぐそばにいる人たちと接して相互扶助の様な関係が持ちづらくなっている事と無関係ではないと思う。迷惑はかけられるものだし、かけるものだと思うから。(と言いながらかけっぱなしの私ですが)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA