2018.11.12

東京に住んでいた頃は大好きで自転車でもしょっちゅう行っていた下北沢へ。十年振りくらいに行ったが、駅も店も随分様変わりしていた。しかし、歩いていて楽しいのは昔と変わらない。緊張しながら入っていた古着屋も、今ならゆっくり見られるし、試着だって出来る。なんたって店員さんが自分よりずっと若い、そして私の傍らには子どもがいるという不思議。なんだかクラクラした。いつの間にこんなに遠くへ来てしまったんだろう。大好きだった雑貨屋は辛うじてあったが、最盛期の面影はなくちょっと悲しかったけれど、私があの頃憧れていたように、自分の店もそうやって若い子が憧れてくれるような店にしなくては!と心に誓った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です