2019.1.5

今朝の新聞から。2020年の東京五輪・パラリンピックについての恩田陸の寄稿を読む。出だしから「どうしてもまっすぐ家に帰れない日があった(中略)。今感じている空気を家に持ち帰りたくない。そう思う日があるのだ」。店を21時まで開けていた14、5年前にはそう言って(いなかったかも知れないが、そんな雰囲気の)仕事帰りのお客様が来てくれていたなぁと思い出すと共に、申し訳無い気持ちにもなる。自分の生活スタイルも随分変化したのが要因だが、いつかまた子どもが手を離れたら(想像するだけで寂しいけど…)、またそういう場所になるべく、営業するのもいいなぁなんて思ったり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です