2019.4.22

「たくさんのふしぎ」という子供の本が毎月送られてくる(祖母からの注文経由)のだが、それがなかなか面白い。昨年12月号は「スウェーデンの変身する家具」森と共存する人びとの暮らしと知恵の詰まった家具について。数少ない自分が所有する北欧家具を見る目が変わる。今年の3月号「青い海をかけるカヌー」透明度がハンパないマダガスカル、フェズの暮らし。カヌーを漕ぎたくなる。絵は牧野伊三夫。4月号は「家をかざる」世界中の家々の装飾について。眺めているとあちこちに行きたくなるし、家を飾ると心も豊かになる、と書いてあった。無機質では人間は生活出来ないのだなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA