2019.6.16

「森をひらく」というイベントの一環で子どもと一緒に半日以上森の中で過ごす。初めは全く乗り気でなく何もやろうとしなかったが、森の奥に小川が流れている事を教えてもらうと急に探検家になる。そこからは楽しくなっちゃって、様々な年齢の子供達と一緒になってわちゃわちゃ遊びはじめた。みんなテンション上がって川でずぶ濡れ(我が子は一人、絶対濡れたくないと言って傍観しつつも楽しそう)。美味しいお昼を食べた後はハンモックに揺られたり、アーボリストという樹木のプロにツリーワークを見せて貰ったり、ロープワークをしたり。気付くと子どもの姿が無く、見つけたと思ったら小5のお兄さん(とアーボリストの方に手伝ってもらい)と家を作り上げていた!その名も「原始人の家」。大満足の表情は言わずもがな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です