2019.9.6

出勤前に子どもの学校の授業公開へ。図工の時間を見に来て欲しいと要望があったので、二時間目に行く。セロファンを切り貼りして作品を作る授業だったが、子供達は見事に千差万別。やり方も作品も。たったかたったか進んでいる子がいれば、自分の世界に入りきっている子、全然思い浮かばず先生に助けを求める子、手に付いた糊が気になってしょっちゅう手を洗いに行く子(我が子)…。あー面白かった。それでもどうにか各人が一作品完成させなければならないのだから、先生ってホントに大変だ。毎度頭が下がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です