2019.11.30

第五土曜日の学童は普段と異なる場所、何ヶ所かあるため思い込みで本来とは別の学童へ行ってしまう。電気もついておらず、人気もなく、ちーん…となるも、たまたま子どもが大好きな支援員さんが仕事をするのに来ていた。「今日はココ開所じゃぁないねー、でもどうしてもの時は相談ににるよ」と言われ子どもはガックリ(私はこの一言で安心)この時点で子どものテンションはダダ下がり。いつもお世話になっているファミリーサポートの方へ電話して!と懇願されたのでダメ元で連絡すると快いお返事。有り難くお世話になり、事なきを得る。こうして私たちの毎日は誰かに支えてもらってどうにか進んでいる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です