2020.12.1

恐ろしいことに、最終月に突入。あとひとつ大きな山を越えたら私の2020年はもう終わった様なもの。楽しみなのと同時にうまくオペレーションできるか不安もありつつ、今日は展示会の時間予約抽選。沢山の方が期待してくれているのを感じる。この様なご時世に於いて、こうして魅力的なものを生み出せる人たちには尊敬しかない。日々はとても地味な作業の積み重ねだと思うし、プレッシャーは過大だと思うから。それらを無駄にしない為にも、私も頑張らねばー。