2020.12.16

子どもの通う学校で本日は初の試み「happy day」。丸一日授業無し、宿題も無し、スタンプラリーやゲームなど子供達が自分たちで考えたイベントで一日を過ごすという。クラス単位の他にも縦割りのグループ“仲良し班”で行動したり、好きな場所でお弁当を食べたりするそう。コロナ禍で大変だった子供達に楽しい時間を、と考えてくれたらしい。昨晩の子どものテンションは知恵熱でも出すんじゃないかとヒヤヒヤしたほど。しかし、帰宅後は更にテンション爆上がり。それはそれは楽しくて素晴らしい一日だった様で、ちょっとした“キュン”もありつつ(むしろほぼそれメインでは?)マシンガントーク炸裂。こんなに楽しい学校生活があるなんて羨ましいよ。