2015.9.9

図書館で借りたイギリス民話、せな けいこ絵の絵本。「あたしゃ ほんとに うんがいい」主人公のニコニコばあちゃんの口ぐせがタイトル。道を歩いていると壺が落ちていて中をみると金貨がどっさり。引きずって持って帰る道すがらふと見ると、金貨だったはずが銀に。更に進んでからまた見ると鉄に。また更に見ると石に。この道中も常にポジティブなばあちゃん。家に辿り着いた時、キツネが化けていただけだったことが判明する。それでも「こんなものをひっぱってきたんだ。こんなすごいこと だれにもできない。やっぱりあたしゃ うんがいい」スーパーポジティブシンキング!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA