News     Gallery      Diary      Infomation      Contact      Web shop  
 
Img_d9aef88961022ee17de8f453186b1923
Img_e8b8e782cc166b463a1be95685d3b46a
早いもので12月になりました。

今年も当店では「ふたまたストール」でお馴染み、COOVA展を致します。
3回目の今年は店内にて。

2016年12月10日(土)〜18日(日)まで ※13日(火)は定休日です
11:00〜18:00
初日と二日目はコーバの瀬谷さんも立ってくださいます。
着こなし(巻きこなし!?)がいつも素敵な瀬谷さんに直々レクチャーして頂くのもアリかと。

新作も届きますよ
Img_f2da92b059aef984138ad7ddce0c583c
コーバのふたまたストールの新色、新素材です。

リネン×シルク×アルパカ!!!
シャリっとしっとり、フワといった感じでまさに今からのシーズンにうってつけ。
まだまだ蒸し暑さの残る日(かつ、室内では冷房ガンガン)だったり
朝晩涼しくなってきて、秋の気配を感じることが増えてくる頃。

色もヴィヴィットで可愛いー
イエロー×グレー、
ピンク×グレーなんてたまらんたまらん。

異素材の組み合わせの妙が流石です。
また、幅も十分にありますので、肩に羽織るのも素敵です。

各¥21000(+消費税)
Img_971dd027dee32ef58949ce58c3cdb04f
Img_e038be1d682ddd12ce2f655640f5dea8
Img_e55aed81285b13ace7c04e868282ef2d
Img_f63026119a3a0e3cb355f5b6ca0ad914
Img_f0043b6e1fe4e421bdecd755c7eaa430
Img_ce05e668f66a1ec077109be60d1888c8
Img_d27cdf82e2724c4b0c7c5f6e51613dea
Img_23eb4a29ef8dd65cd73d6a30601e19ba
Img_cf11b4e851fd07455860b5c71b9e5e52
オールドマンズテーラーより爽やかストライプ、ギンガムチェックが届きました。

どれもリネン100%でシャリっと気持ちいい!
定番のルーミーシャツは風もよく通すので、夏でも爽快です。日よけにもなります。
一度袖を通すと、その心地よさが病みつきに!?

ルーミーシャツ(White stripe,Brush check)
¥32000(+消費税)

バッグは内布(綿)付きですので、張り感があります。
サイズ 横幅42㎝×高さ47㎝(マチ無し)×持ち手57㎝
Black,Sax
¥8000(+消費税)

ショールは正方形に近い形。
一枚あると冷房対策に便利ですよ。
サイズ 約120×116㎝
Black,Sax
¥11000(+消費税)
Img_68e73e7195752fdd304f13b12e4f9ece
Img_26cbf4935865300cf7ffdb666ccce081
Img_342358bd6672d3fdc498b7fab1e2c957
Img_131c69532ffb10428725d68fe28a9366
昨日あんなに暖かかったのが嘘のような黒磯です。

今日ご紹介するのはトルコのキャネヴィールと呼ばれる織物です。
私は初めて目にして、おおらかな糸のばらつき、麻本来の白っぽいベージュの素朴さ、使い込まれてこなれた質感、所々に赤や茶の色が入っているところなど、この織物に一目で惹かれてしまいました。

強いヘンプ(大麻草)を手で紡いで!(繊維の延びしろが少ない麻から…と思ったらどれだけ大変な作業か想像するだけで手が荒れそう)、織り機で平織りにしています。

キャネヴィールキリムは主にトルコ、アナトリアのアフィヨン、南部アダナ、または北部の黒海地域などで織られたものだそうです。
ぶどうなどの果実や、ナッツを天日干したり、農作業の合間の日除けなどに用いられたキャネヴィールキリム。袋状になったものは、穀物や豆など運搬、保存用に使われていたようです。ですからウールのキリムが牧民の布なのに対し、麻のキャネヴィールは農民の布だと言うことができます。

ちなみにこのキャネヴィールキリムは大麻草の作付け制限の始まった1970年代以前に織られたもので、アナトリアの農家の納屋に眠っていたものが市場に出てきたものです。

本日載せているのは大きなクッションカバーですが、大きなフロアマットサイズのキリムもございます。かなり素敵です(こちらはインディゴ染め)

クッションカバー(中綿入り)/正方形 縦横:約47㎝ ¥7600
クッションカバーのみ/長方形 縦:約37㎝ 横:約57㎝ ¥6300


Img_22698e57b46bfb6432e95d40cf2ae7dc
Img_d0a9ad00f5d9ca82f003258a75696656
Img_85c71d947401fcf4a58877885d217233
Img_a4aaee5c64b7ed955a716ad0d3ae2ca4
展示会が始まりましたー!

本日と明日、二日間は瀬谷さんがギャラリーに立ってくださっています。
直接お話や布の成り立ち、巻き方などもアドバイス頂けますよ♪

来てくださる方達が様々に巻いているのを見ると、次々欲しくなります〜
瀬谷さんがサラッと巻いてくれるだけであっという間に素敵になったりもして、
魔法のよう。

お待ちしています〜




Img_a9dcf8533deb87e0bd5b4fb7b0b53d08
Img_33fa2ea2fca8514cc3fa27353b7a29d6
Img_ff9e910bc94951f8b06c75f136bf63c0
Img_f056b2db28f442ed7409f07913bd9fb7
Img_a9954fd5abb621f4fb6ff0781e3453e4
Img_8e1b7bc15bd96aca7e9bd640d2529389

ぐるぐると巻き付けて使う
「民族マフラー」を(※2014.12.18gallery記事参照のこと)
全身を覆ったり、
羽織ったり、と
形を変えて使ってみたい。
柔らかく大きな布になれば、
より心地よく寒さをしのげるだろう。
通常は服地に使用される糸で
ふんわりと軽く、
柔らかな肌触りのブランケットに
仕上げた。


どこの国の布かわからないような不思議なテキスタイルが
個性的なブランケットです。

昨年の展示会にて、お客様が羽織ったり巻いたりしているのをみていたら
ああいう服にも似合うのかーとか年齢問わずに羽織れるなぁとか、
スタイルが限定されないブランケットだななど感心してしまい、
ついつい購入してしまったのでした。
これまた持ってもらうと軽さに驚かれると思います。
羽織るだけでなく、ソファの背もたれにかけたり
ベッドにかけたりしても素敵です。

Sサイズ (75×130㎝) ¥28728
Lサイズもあります(150×130㎝) ¥41040
Img_dab5081e4a5e44cf3eeb1c7d5ef8c7d8
正面をキルトピンで留めても可愛いです
Img_0fdd68c2d715195306ddb2323b803fef
ぐるっと巻いてもいい