2020.2.21

その卸先さんとは長年取引しているけれど、そこから初めて仕入れた商品が本日届いた。それを見たのは10代後半から20代前半に大好きだった渋谷のキャットストリートにあった、今は無き雑貨店。店内の配置、何が何処に置いてあったかも昨日の事の様に思い出せる。勿論ダンディーな髭の店主と奥様?の顔も。いつも緊張とワクワクの混在した気持ちで通っていたなぁ。そこで購入したポーチや手袋、ナイロンバッグなどはまだ持っているし、未だに使っているものもある。そうやってちょっと背伸びして行っていた場所や買ったものには付随して私にとって沢山のものをもたらしてくれていたのだと今になって分かる。そして有難い事に好きが高じてこうして雑貨屋をしている。あの頃の店主は今の私くらいの年齢なのだろうか…。

2020.2.20

またしても「パラサイト」を観に行ってしまった。二回目なのであの激しい戦慄は流石になかったが、分かっているのに心拍数が上がるのは凄い。映画の細部をじっくりと味わうことが出来るし、何よりミーハーな事に、長男役のチェ・ウシクをまた見られた喜び。完全にハマりつつある…。今はハマるのがいとも簡単。SNSで検索すれば洪水の如く情報が流れてきて、もはやドロ沼。ああ楽しい。

2020.2.19

今日はお客様も多く、それだけも十分嬉しいのに、取引先との近況報告の連絡や、お客様とのメールのやり取りなどもあり、この仕事をしていなかったら知り合えなかった人たちばかりなのだなぁとふと思い、恵まれているな…と(ここ最近のニュースが閉塞感漂うものばかりなので特に)。こういう時こそ、気晴らしに黒磯界隈に遊びに来て欲しいという思いと、少なからず自分の気も晴れた。

2020.2.17

学童へお迎えに行くとやたらテンションの高い子ども。何かあったのかな?鼻歌が止まらない。ご機嫌なのは良いことだわ〜。胃腸が良くないと鼻歌って出ないらしい。お店にも鼻歌交じりで店内を見ている人がたまにいるけれど、こちらまで楽しい気分になるもの。毎日の食事…もう少しちゃんとしよう…。

2020.2.16

楽しみにしていた友人達とランチ会の予定が延期になり、昨晩は夜更かし、につき、起きたら10時。だらだらの始まり…。私はひたすらラジオクラウドを聴きながら新聞切り抜き。子どもは宿題を集中して終わらせ、YouTube三昧。しかし、このままでは何だか勿体無いということになりそれぞれ行きたい場所とやりたい事を挙げ、子どもがそれを紙に書き出し、多数決によって可決された案を執行する(大袈裟)ことに。可決されたのは図書館、ダイソー、カワチ。しかし可決された時点で既に18時過ぎ。必然的に図書館は削られ、あっという間に貴重な日曜日終了。

2020.2.15

突然長いお休みが取れたとしたら、どこに行きたい?という話を子どもとするのが好き。彼女が決まって挙げるのはフランスとフィジー。確かに良いねー、行ってみたいねー。私は行きたい場所だらけ、なんならどこでもいい。でも、優先順位をつけるならば、知人や友人が生活している国がいいな(と、勝手にお世話になる気満々)ニュージーランド、オーストラリア、カリフォルニア、ロサンゼルス、フランス、そしてリトアニア。などなど、想像するだけでもワクワク。

2020.2.14

昨夕は子どもが急に興味を持ったフラの体験会へ。先生の動きの美しさに見惚れたし、黒磯なのにハワイからプルメリアの香りでもするような錯覚に。我が子は先生の一挙手一投足を見逃すまいと真剣そのもの。帰宅してからもkonishikiの歌うハワイアンに合わせて復習に余念なく。笑顔を不得手としているから、これで少しずつにこやかになってくれたらいいなぁと密かに願う私。

2020.2.13

今日のこの陽気なに!?春を通り越した様な気温。那須のSHOZOで打ち合わせ(という名のお茶)があったので、カフェオープン前に那須温泉神社へお参り。同行者は御朱印を頂いて満足気。真っ白な那須山を尻目に、境内に微々たる残雪を今季初めて見た気がする。やはりおかしいと思わざる得ないのだが、ポカポカで気分も上がってしまう。仕事の話もさる事ながら、聡明な人の話はいちいち唸るし、面白いんだな〜。話すことで自分を整理できるのも良いところ。

2020.2.12

友人知人が各所から来てくれた日。同世代で(少なくとも悩みを抱えながらも)頑張っているのだろうと、話の端々から分かるから勇気づけられる。同時に楽しんでいるし、忙しくとも充実しているのだろうし、そんな一番動ける世代でもあるのだろうとも思うし、私も負けて居られぬ。こうやって来店してくれるってだけでも店をやっていて良かったなぁ。

2020.2.11

祝日の今日、子どもは朝からまたファミリーサポートの方のお宅で過ごす。まるで祖父母に会うような感覚の様(だからぞんざいな口をきいたりしているかもしれず…)。買い物に連れ出してくれたり、編み物を教えて貰い“指編み”でマシュマロカラーのマフラーを完成させ大満足の我が子。私も、もはや親戚宅より緊張しないかもというくらい居心地の良さ。お迎えにいくと私まで夕飯をご馳走になってしまい、申し訳ないやらありがたいやら。しかも美味しいときており、お代わりまで。親子して図々しく…。