News     Gallery      Diary      Infomation      Contact      Web shop  
 

2019.1.16

今年もらった年賀状の中に友人からのもので「だいすきだよ」と書いてあるものがあった。大人になったらなかなか面と向かって言われないし、書けない言葉だから(我が子は良く書いてくれるけど)すっごく嬉しい。こういう事をちゃんと伝えられるっていいな。きっとこの家族は普段から言い合っているのだろうと容易に想像出来る。私もだいすきだよ!

2019.1.15

今【「ふつうのおんなの子」のちから】(中村桂子著)という本を読んでいる。サブタイトルが“子どもの本から学んだこと”だったので、惹かれて借りたのだけど、ナント自分は何も考えずに生きてきてしまったものかと自省&しみじみ驚愕(とでもいうのか)。自分も赤ちゃんとして生まれてきて子供時代があった、そしていつか歳をとり、高齢者になる、もしかすると病気になったり、障害を持つことだってあるかもしれない。それは皆同様に起こる事と、起こり得る事のはずなのに、自分とは関係ない気分でいる(みたいだ)。たまには振り返ってみること、それから想像力、が自分には必要だ。

2019.1.14

そろそろ学校で書道が始まるようで、書道用具の様々なカタログ兼申込書を持ち帰ってきた。欲しいのはバッグだけと言う。「だって中身はあるし〜」と子ども。確かにあることはある。おじいちゃんのお下がり(使い古しの硯、墨、筆、が朱塗りの箱に入ったもの。フタの裏には「祝 成人 1964年」と彫ってある。いつやねん!)。自分が子供だったら全部新しいものが欲しい、と言っていたし、なんなら全部セットで皆んなと同じものが絶対欲しいとおねだりしていたと思う。だからこんな我が子が不思議でならない。でも、物を大事に出来るって良い事、子どもから教わることは多い。

2019.1.13

プール帰り、道路沿いに立っていたお地蔵様が笠と赤いマフラーをしているのを見た。誰かが被せてくれたんだね、と子どもに伝えるとすかさず「夏になったら 水着着せるのかなぁ 周りに海っぽい石とか置いてさ〜」と言った。お地蔵様に水着…。シュールだなー。そしてバチも当たりそうです。水着はビキニなのか、短パンなのかも気になるところ。