News     Gallery      Diary      Infomation      Contact      Web shop  
 

2019.3.20

朝ごはんを、おざなりにしてはいけないなぁと痛感した日。「なっとうごはんだけだと、1時間目まで(しか持たない)。(プラス)目玉やきだと2時間目。(これらに)コーンスープがあったら3時間目まで。(コーンスープじゃなくて)おみそ汁だと4時間目まで持つ」と子どもに初めて言われたのだった。なるべくおみそ汁を作るようにするよ!ちゃんと物事の良し悪しを判断出来るようになってきているのだな。しっかりせねば、自分。

2019.3.19

子どもが、近く引っ越すお友達に手紙を書いたんだと、見せてくれた。いつも一緒にゴッコ遊びをしたり、交換日記をしたりしていた子だから、相当寂しい。子どもがどの辺りまで想像出来ているかは謎だがそれでも「今までいっぱいあそんだ 思いをこめて この手紙を書きます」に始まり、締めは「どこにいようと 変わらないあなたの友だち わこ」としたためていた。親バカながら最後の文に感動してしまった。こんな事も書けるようになったのね〜。

2019.3.18

久しぶりに腹わたが煮えくりかえるような出来事が。しかし、ここはひとつ冷静に。順序立てて考えてみることにする。起こってしまったことなので、どうしようもないが、無かった事には出来ない。冷静に、感情的にならぬよう。先日読んだジェーン・スーのエッセイの中にもこういう行があったなぁと思い出しながら。結論。直接、真意を確かめるのと思いを伝える他無い、ところに着地。この段階で随分自分が救われている事に気づく。というか、逆に考えると普段いかにストレスなく生きているのか分かるという…。

2019.3.17

昨日から一週間かけてatr369fesという黒磯界隈でのアートイベントが始まり、子どもと一緒に中島佑太さんの「旅をつくる」というワークショップに参加。子どもは嬉々として制作に没頭。創造(と想像)する喜びがほとばしっていた。私はその隙に別会場で今井麗さんの絵をじっくり鑑賞出来て感激。ワークショップ会場に戻ると、[道端に落ちているものを拾って吉田商店(古道具屋)に持って行くと何かが作れる]という旅プランをお勧めされた。ゴムの破片、濃緑色のブロック、変わった形の石、丸い穴空きのプラスチック、枯れた枝と猫じゃらしを拾って持っていくと、ヨッシーの手にかかれば素敵なオブジェとペンダントに。今日も子どもは多くの人に関わって貰って大満足、相変わらずのやりたい放題。皆さんお世話になりました。