News     Gallery      Diary      Infomation      Contact      Web shop  
 

2018.10.16

久しぶりのスイミング。先日のピアノに引き続き、行きたくないと言って、なんやかんやと不満を探して言ってくる。「コースに人が多すぎて泳ぎづらい。男の子がふざけてて水がかかるからイヤだ。プールの水がきたない(口から出したりするから)。水着がきつい。プールに通いたいと言ったおぼえはない。かってにお母さんがもうしこんだんでしょ。」出るわ出るわ。でも何とか連れて行き、ちゃんと泳いだ。終わってから、すっごく背泳ぎが上手で驚いちゃったよ!○ちゃんのおばあちゃんも褒めてたよ!きっと試験もすぐ受けられると思うからコーチに聞いてみな。と言うと照れながらも喜んでいた。

2018.10.15

学校で席替えをしたという子ども。好きな子がかなり近くになって嬉しいけれど、その子の隣の女子(仲良しの友達)がやたら仲よさそうに喋っているのがどうにも気にかかって仕方なかった様。「だから○○ちゃんをこうていによびだして、△△君と何であんなにしゃべってるの?って聞いたら、なんでもないって言って、ぷいっと行っちゃったから、気をおちつかせようと思って、教室の本を読もうと思ったら、すきな本がかりられてて、という“さいなん”があった」だそうで……。色々突っ込みたい所がいっぱい。面白すぎるんですけどー。

2018.10.14

アートNPOの山出淳也という人の記事より。幼稚園までは好きだった絵が、小学校に上がって嫌いになった。『それは自分の絵がみんなと違うから。みんなも他の人の絵に近づけ、別の人間と思われないようにして、社会性を身に着けていく。で、会社に入ると、今まで生み出されていないものを考えろ、新しいことを企画しなさい、と言われる。子どもたちはアーティストのような不思議な存在に早く出会ってほしい』多様な思考や嗜好の人たちで社会は成り立っているということに、子どもが早めに気づける事が肝心だなぁと思って読んだ。

2018.10.13

大好きなお姉ちゃんのお友達(小5)が泊りに来る日。朝から部屋の整頓、掃除機がけまで率先してやり、お迎えの準備万端。夜はピザで女子会。その後は二人でyoutuberになりきりひたすら『わこまるTV』(架空のチャンネル名)という動画を撮りまくり。台本を律儀に書いているのが可愛い。と思いきや、帽子を被り手にはメモ帳とペンを持って探偵事務所ゴッコ。私周辺の聞き込みに来た模様。意味のわからない事をごにょごにょ言っていたが本人達がめっちゃ楽しそうなので良し。私が眠ってしまってからも二人のゴッコ遊びは続いた模様。