News     Gallery      Diary      Infomation      Contact      Web shop  
 

2019.7.9

日本列島に最初に移り住んだ「日本列島人」がどのようして海を渡ってきたのかというプロジェクト『3万年前の航海 徹底再現プロジェクト』がまた今年も、今度は台湾東海岸の烏石鼻から丸木舟で出発というニュースにロマンを感じずにはおれない私。昨年は竹で作った舟で挑戦していたが上手くいかず今回はスギの木。漕ぎ手は旧石器人になりきり、太陽や星を頼りに漕ぐといい、コンパスやGPSは持たずに与那国島を目指すそう。写真を見るだけで、想像するだけでなんでこんなにワクワクするのだろう。上手くいってほしい。

2019.7.8

初めてお話させて頂くお客様と、ひょんなことから大盛り上がりすることがある。今日もそんな日だった。あら?なんでこんな話しちゃったんだろう…とその方は恐縮していたが、むしろこちらこそ楽しいひと時でした。意外といつも近くにいる人には話せない(とはきっと思っていない)ような内容をポトっと落としていって頂ける場所であるならそれは本当に店冥利に尽きる訳で。

2019.7.7

子どもがお泊りしにいっていたので、一日ぶりに会う(たったの一日だけど)。帰ってくるなり私に悪態ついたり、生意気な口をきいたりしていたと思ったら、今度は抱っこ〜なんて言ってみたりして、ホントに小憎らしくても可愛いったらない。自分でもどうしたらいいかわからないような、そんな時期なんだろうな。俗に言う思春期か。そんな彼女とお風呂上がりは様々な発明品を考えて、それを絵にするという遊び。頭が固くて全然思い浮かばない私と、嬉々として絵に描いていく子ども。まだまだ頭が柔らかくて羨ましい。

2019.7.6

年に一回の学童大掃除の日。汗かきかき、保護者支援員同士和気藹々と掃除が済んだら、保護者会。支援員さん達から、普段の子供達の様子や改めて学童のモットーなどを聞く。また、春休み中に子供達に話した大切な話の内容も伺う。子供達が普段何気なく口にしているという「ふつう」についての話。自分と同じ人なんていない、声の大きい人もいれば小さい人もいる。どちらが良いとか悪いとかなんて無いよね、だってそれは“その人”なんだから。誰でも自分らしくいられる場所がこの学童であって欲しいし、困っている人がいたら子どもでも大人でも声をかけ合える場所でありたいと。不覚にも涙が…。