News     Gallery      Diary      Infomation      Contact      Web shop  
 

2018.1.6

大好きな友人家族と、そのまた家族(ご両親と姉妹達)が那須に宿泊に来ているというので、昼間は子どもだけ丸一日預けて遊んで貰い、夕方からは私も合流し総勢10名でホテルのビュッフェ、の後は雪の中の幻想的なイルミネーションを見る。ロマンチック…ではなく、滑るから走るな!とか氷が割れたら水の中に落ちるぞ!とか雪合戦は顔と股間はNG!とかずっとそんな調子でめちゃくちゃ楽しかった〜。せっかく休息の為に来ているでしょうに、うちの子どもの面倒やら、私の事までほんとうに良くして貰っちゃって恐縮の極み。新春から最高に楽しい事しちゃったなぁ。

2018.1.5

いつも来て下さるお客様や、この時期にご来店下さるお客様、そして友人などの中に「まず一番にこの店に来たよ!」とか言ってくれる稀有な人たちがいて、本当に嬉しい。やってて良かったなぁと思う瞬間。更に大好きな友人ファミリーも毎年年始恒例の那須旅行に来てくれて、それだけでも半年分は元気貰ったって感じ。初詣もようやく出来たし、最高のスタート。

2018.1.4

いつもご機嫌な人たちと新年会。自分の事が大好きな人〜「はーい」(全員)みたいなノリで、終始楽しい会合。側から見たらイタいと思われかねないが、当人達がお構いなしなので、痛くも痒くもない。更に全員に共通していたのは「歳を重ねる毎に人生楽しいよね!」って事と「正直、他人の事はどうでもいい」って事。深入りしないのがコツなのかなと思った新年会。

2018.1.3

今朝は子どもを迎えに那須塩原駅へ。雪のためゆとりをもって家を早く出たら、早々に着いてしまい、周囲の人間観察に充分な時間。子供を見送りに来る父親母親達。ちょっと前までは子供側の立場で、すぐにでも今自分のいる場所(私の場合だったら東京)に帰りたい気持ちだっただろうに、今や立場は親側目線。息子が見えなくなるまで改札で手を振るお母さんとか見ていたら、不覚にも涙が出そうになったり、我が子もあと10年したら同じ様になるんだろうなぁとか考えちゃったり。でも、手を離れてくれないと困るしなぁと思ったり。複雑な親心。