News     Gallery      Diary      Infomation      Contact      Web shop  
 

2019.6.8

三重から友人ファミリーが来黒。約3ヶ月振りの再会。3歳のご子息の可愛すぎることよ。我が子も勿論可愛いに決まってるが、その歳じゃないと味わえない可愛さ、愛しさがあるなぁ。面倒みたくて仕方ない子どもは絵本を読んであげたり、お世話してあげたり、甲斐甲斐しい。並んでいるとすっかりお姉さんの風貌。帰宅後は一緒にぽぽちゃんハウスで遊んだり、布団に倒れ込む遊びをしたり(エンドレス)。子ども同士が遊んでいる間、大人もゆっくり話が出来ていい時間。さて、明日はどこに行こうかな。

2019.6.7

明日から友人ファミリーが泊まりにくるから片付けしなきゃ、と毎日思いつつ、出来ずじまいで夜。子どもにも「ねぇねぇちゃんと片付けしたの?」とチェックが入る始末。トホホ。なんだか最近の彼女の口調は、私(母)=ダメな人(ルーズな人)、アタシ(子)=ちゃんとした人、というニュアンスが含まれている気がしてならない。ま、あながち間違っていない所が、情けないけれど。ダメ母を演じるのも大変だー

2019.6.6

仕事前。近くのお客様宅にお呼ばれしてまるでイギリスの(行ったこと無いけど)田園風景を思わせる庭で最盛の草花を愛でさせて頂き(帰りがけには切ったものを花束として頂く)、図々しくも上がり込んでお茶までご馳走になる。永遠にここで寛いでいたい…と思わせるご自宅にうっとり。子どもが最近やたら使用するワード「ティーパーティ」を絵に描いたようなひと時。優雅な時間も束の間、慌ただしく出勤したのは言うまでもなく。

2019.6.4

今日は子どもが社会科見学でカゴメの工場へ行ってきた。様々な機械や働く人たちに感動したり、驚いたりした模様。よーく話を聞いてきたんだなぁと分かる。まず始めに子どもがビックリしたという事柄は、「そこではたらいてる人たちはねー、全部おおわれてる(防護服を着ている)んだよ!しかもまつ毛までとる(!?)んだって!!いたそうだよね」どこまで本当か不明だが、徹底した衛生管理に驚いたという事らしい。こうしてまた一つ、私まで学んだ。子どものお陰で少しずつ知識が増えることが楽しい。