2017.5.12

大量のリネン類にアイロンを掛けながら、色々な事を思い出した。十代後半から二十歳前半の頃ははとにかく雑貨屋巡りをしていた。都会には巡りきらないくらい多くの個性的な雑貨屋があったなぁ。入念に雑誌で調べては緊張しつつ巡った。レジで正面きってお弁当を食べている雑貨屋は衝撃だったし、都会ってスゴイ…と思ったっけ(そういう事じゃない気もするが)。私がそうだった様に、ドキドキワクワクしながら来てもらえる店になっているかしら。一番好きだった雑貨屋の印象はもうずっとあの頃のまま。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です