2017.8.7

フリーランスで働く友人から本を2冊貰った。うち一冊は伊集院静の「贈る言葉」(not海援隊)。成人の日と新社会人の入社の日に新聞広告に掲載されたメッセージをまとめたものだが、どのページも心に沁みる。例えば「本当に価値のあるもは見えにくい」例えば「孤独を知ることは、他人を知ることだ」そして「本物の仕事は、生きる力は、己以外の誰かのために存在している」。二回目の成人という歳で読めた事で、また新たな気持ちになれた気がする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です