2017.8.17

「働かないでたらふく食べたい」という栗原康というアナキストの本を読んだ。一遍上人や大杉栄の妻(愛人?)伊藤野枝、高野長英などなど、引用される人物が皆、魅力的で破天荒で面白すぎる。この栗原康自身の日々のエピソードも面白くて、ニヤニヤが止まらない。私のやっている仕事とは対極にある考え方なだけに考えさせられたし、これからも考えいきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です