2017.8.22

自分が感動した景色や食べ物を前にするとすぐに家族の顔が浮かんでくるのは何故だろう。宿泊した宿が素晴らしすぎて、何度そう思ったか。広大な自然の中にある佇まい、その土地や文化の特性を活かした設えや食事、来た人をこれでもかと楽しませる仕掛けやパフォーマンス、スタッフの心遣いとホスピタリティ。もっと滞在していたかったし、また絶対に来ようと心に誓った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です