2017.9.3

涼しい風が吹く秋晴れの日。友人の営む甘味処にようやく伺えた。パリパリの最中に挟んだ黒糖きな粉ジェラートと温かいお茶のサービス。相変わらず素敵な彼女と気遣いの溢れる店。程良い気候の中、それらをテラス席で食べているとまるで旅行先にでもいるかのような気分になる。は〜最高だね〜と口からこぼれるのだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です