2018.2.9

書評で見てから読みたくて読みたくてたまらなかった(先日都内で探した際も見つからなかったのだった)サクラ・ヒロという人の『タンゴ・インザ・ダーク』を取り寄せる。どうやらデビュー作らしいが、読み進めるのがもったいない…でも進んじゃう…という久々の感覚。ありふれたエピソードなのに、常に何だか分からない違和感が漂う感じとか、音楽が劇中を通して流れているのも好み。瞬く間に読了してしまい(短いってのもある)溜め息。何度でも読もう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です