2018.2.23

宮藤官九郎の育児?エッセイ「俺だって子供だ」を読んでいる。読んでる端からニヨニヨしちゃう。やっぱりクドカン好きだわ〜としみじみ思う。未知なる生物(赤ちゃん)との生活、自分の色んな葛藤。刊行されたのが10年前らしく、文中の“かんぱ”も10歳のはず。お姉さんになっているんでしょうね〜と思ったら、我が子だってついこないだまでハイハイしていたはずなのに、気付いたら対等にやりあっている訳で…。文中に出てくる斉藤由貴との対談の言葉“手を焼けるのは今だけなんだから『むしろ何も出来ないでいてくれてありがとう』”が印象的だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です