2018.3.16

知人の娘さんが4月から新生活とのこと。野田琺瑯のボウルを幾つか持たせようかと思っているとの相談。ボウル、と言えば私にも思い入れが。社会人で上京した極貧の私が初めて住んだのは風呂無し(辛うじて和式トイレは付いていた)一間のアパート。必需品の購入もままならぬ中で、忘れもしない豪徳寺商店街の百均にてザルとボウルのセット(で100円とは!)を買ったのだった。そして、それは別に気に入っている訳でもないのに引っ越す度に持ち歩き(そしてその先でなかなかハードに使い)、漏れずに今の家にもあって尚、現役…。20年近く一緒にいて、もはや捨てられる気がしない。そして刻印はmade in japan。流石。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です