2019.9.29

他人事とは思えぬショックな事があり、一人では抱えきれずすぐに母親に電話。幾つになってもこうして頼りにするのは母である事は色々な意味で幸せな事だなと思う(多種多様な困難を見聞きするにつけ)。そして、何か自分に出来ることはないか必死に考える。帰宅して、子どもにも伝えると、彼女なりに考えたようで手紙を書くという。一気に書き上げたのを私に読んでくれたのだが、嘘のない、飾らない彼女らしい手紙。その相手からも、そしていつも周囲にいる人たちから貰っている思いやりの精神が染み込んでいる事をしみじみ感じられたし、大人になったものだなぁと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です