2019.12.25

そしてクリスマスの朝。枕元にあるプレゼントに気付いたはずなのに、起き上がる気配が無い。あれ〜?と思っていたら数分経過してから「お母さん、サンタさん来たんだ、プレゼント開けてもいいかなぁ」と言う。もちろんだよ、と答えると飛び起きた。なんだろう?気持ちを落ち着かせていたのかな?何を届けてくれたのか逡巡していたのかな?結果、大喜びだったからサンタクロースは一安心しましたとさ。こんな朝の光景がこの日は様々な場所で繰り広げられているのかと思うと、それだけで幸せな気分になる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です