2015.2.3

リンドグレーンの ”やかまし村のこどもたち” ”長くつ下のピッピ” 小さい頃大好きでよく読んでいた。ワクワクしっぱなしだったことを思い出す。その作者の本”遊んで、遊んで、遊びました”を今読んでいる。タイトルもいいけれど、リンドグレーンのお父さんが素晴らしくて「いつも、なににでも幸せを感じられるひとだった」そう。だからリンドグレーンの本の中の子供たちは幸福感に包まれている。そうでありたいもの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA