2015.3.21

編集者であり、翻訳家であり、作者でもあった”石井桃子のことば”という本を読んでいる。うちにある絵本でも読む回数の多いものは彼女が関わっているものがかなりあるように思う。この本にはいいことばがあちらこちらに散りばめられていて、扉のページには「おとなになってから あなたを支えてくれるのは 子ども時代のあなたです」他にも「かつてあったいいことは、どこかで生き続ける」とか「つみ重ねのないところに、いいものは生まれない」とか「できるだけ美しいもの、すばらしいものを子どものまわりに転がしておくことが必要」などなど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です