2015.12.21

20:30頃にはさっさとお風呂に入って21:00には布団の中。入った時点で即、眠りに吸い込まれそうになるが、絵本タイムなので3冊(通常は)を2冊にどうにか減らしてもらい、何とか頑張って読む。と同時にもう落ちてしまった模様の私。遠くで「お茶のみたい」という声が聞こえたが起き上がれず、一人しょうがなく麦茶を注いで飲んだそう。こうやって成長してもらう他ない。ごめんねー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です