2016.6.26

十数年来の友人女子二人に久しぶりに会って、ピアスの話になった。見事に3人とも片方の耳にしか穴を開けていない事が今更ながら判明。開けたのに閉じちゃったのではなく、敢えて、というか私の場合は20歳の記念に一つ開けたら急に怖くなってそのまま、友人の一人は「柔らかい耳たぶを残しておきたかった」という。どんな理由であれ”片方仲間”がこの人たちだっていうことが何だかすごく嬉しく、仲良くなるべくして今に至るのだなと大げさにも思わざる得ない、そんな出来事だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です