2016.8.7

西加奈子とリリーフランキーのちょっとした対談を新聞の端に見つけた。(日付を見たら先月初めのものだった)「みんないなくてはいけない人なんだ。品行方正な人だけの世の中なんて怖い。」「いろんな人、いろんな大人がいる。いろんな人間が共存しているという感覚が大切」「許すことや認めることの大切さ、自分が怖いと感じること、信じることの尊さ」そうだよね。同じ人なんて一人もいないし、誰もが尊い存在なんだもの。だからこそ我が子には沢山の人たちと触れ合って欲しいし、自分の存在がどんなに素晴らしいものか感覚的に知って欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA