2016.9.3

子供なりにあの小さい体と頭でいろーんなことを考えているんだということが、よく分かる出来事(言動)が立て続けにあった。下らなくて可愛いことから、割とデリケートなことまで。他人や大人達からの言葉はまだまだ額面通りにしか受け取らない(それでいいんだけど)だろうけど、その言葉一つで感じ取っている感情はそれはそれはいっぱいあって、迂闊に適当なことは言えないと思った次第。それでなくともこちら大人側の事情で振り回すことばかりなので反省しきり。でも、自分がこの位の時って何にも考えていなかったような…今もそうだ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です