2016.11.13

立て続けに絵本を頂く。「アベコベさん」タイトル通り何もかもアベコベなファミリーの生活スタイル。起きるのは夜、外出着はパジャマ、みたいな。お隣さんに留守番を頼まれて、全てにおける違いをみる。最後、アベコベお父さんが「よのなかには いろんなひとが いるんだ」と言っておしまい。「まめまめくん」豆粒ほどの男の子の話。身体が小さすぎたって何でも出来るまめまめくん。でも学校に行きだしたら自分が他人とこんなにも違って出来ないことが沢山あることに気付く。大人になり(身体は豆粒のまま)自分の会社で仕事をする毎日。「え?まめまめくんのしごとは なあに、だって?」好きなことをずっと続けてきたまめまめくんの仕事。どっちも面白い絵本だった。当分ヘビロテになりそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です