2021.2.10

ここ数日はちょっとあの人どうしているかなと思い出した人がそのまんま夢に出てきて、起きたらすぐにでも連絡しなきゃ!みたいな気分になっている。片や我が子は数日前に購入した“トムとジェリー”のトムのぬいぐるみ(だけどポーチになっている)と一緒に寝始めたら、怖い夢ばっかりみるんだ…とトムに聞こえない様に耳を塞いだ状態で、申し訳無さそうに私に小声で訴えてきた(トムへの配慮!)。「今日もしまた怖い夢を見ちゃったら、一緒に寝るのやめようかなぁ…」と本人は至って深刻。私はたまたま続いただけかもしれないから、大丈夫じゃない?なんて言ってみるもさて、どうなりますか。

2021.2.9

ジェーンスー『女のお悩み動物園』を読む。広い視野を持ちつつ、その場その場に適応していくこと、それから自分を機嫌よくさせておくこと、怒りや嫉妬が出てくる時は自分が不満足な状態だということを自覚して手をかけてあげる、という事を彼女は何度となく言っていて(これらは私に響いているものの列挙)、確かに人生あと半分以上ある訳で、ご機嫌にいられる事を最優先にしていきたいし、私が大好きな人達はみな、おしなべてご機嫌族。

2021.2.8

ジェーンスーと堀井さんのポッドキャストラジオ、”over the sun”。毎回必ず忍び笑いに留まらず笑っちゃう。同時に私もコレを早く友人達と気兼ねなくやりたいもんだよ(飲みながら)、と思う。ビートたけしのモノマネ、セカンド推しニオンなどなどくだらないワードも満載だけど、なるほど〜と唸る事も度々。これからは「風の時代」だと何度となくスーさんが言っているので、気にしてみようと思う。

2021.2.7

今日は子ども一緒にネイルサロンへ。行く前はアタシもやり方知りたいーとか、どう綺麗にするのか楽しみ〜!とか言っていた割に、(初めこそ色んなネイルがあるねーとか興味津々だったが)時間が経つにつれ、結局iPadで好きなアイドルの検索ばっかり。ま、仕方ないか…。でも終盤どんなネイルにするかは彼女に決めてもらい、指先は春色になった。いやでも気分が上がります。

2021.2.6

東直子×穂村弘の「しびれる短歌」を読んで字の如く痺れた。夫が妻を詠むのはいい感じのものが多いのに、妻が夫を詠むのと俄然戦慄の走る感じが面白く、つい両親へ何句か書き写して送った。『この包丁切れ味悪いとリビングへ持って入れば 夫後ずさる』『湯上がりに倒れた夫見つけても ドライヤーかけて救急車待つだろう』とか。二人で大笑いしたとメールにあった。この本には他にもシチュエーション毎に様々な短歌が紹介されており、どれも自由且つ、言葉選びが天才的でしびれた。自分も何か詠めたら楽しいだろうに。

2021.2.5

今日も今日とて大喧嘩。全く学習能力無い私(たち)。ほんとにどうでもいい些細な事で逆ギレするお年頃の我が子と、放っておけばいいものを、とことんやり合ってしまう、大人気ない私。ああ言えばこう言う、こう言えば、そう言う。エンドレス〜(泣)。明後日の楽しみな予定はどうなることやら。

2021.2.4

パンの飛び込み営業って流行ってるんだろうか。少なくともここの所何度かあり、一つはマッチ売りの少女ならぬ、パン売りのーという感じで、つい購入。飛び込み雑貨営業は聞いたこと無いけれど、昔の荒物屋ってトラックに積んで回っていたとも聞くし、幼少期の夏の夕方にはアイスクリームのトラック(荷台にアイスの大きな冷凍ボックスが置いてあった)が回ってきて、親からたま〜に買っていいよと言われて妹と選ぶのががすごく嬉しかったなぁとか思い出した。

2021.2.3

子どもは新年から日記をつけている。一日も欠かすことなく書いているらしい。リビングのテーブル、私の目の前で書いている事もあるが、今日は紙が足りない様で、メモ帳を付け足し付け足し、3、4枚?書き続けており宿題まで手が回らなかった様。そんなに書きたい事があるなんていいね〜。私もなんだかんだこの雑記を書き続けている訳だが、書きつけておかなかったら流れていってしまったものばかりなのだろう。(書いていてもすっかり忘却の彼方ではある)

2021.2.2

朝起きて、洗面台の鏡を覗いたら、そこには水牛がいた、と思ったら自分だった。パーマヘアもどういう訳か、勝手に良い感じになる時と、どうしても上手くセット出来ない時がある。このボリューム感はそろそろ切りどきなんだわ。思わず、水牛をググると、笑っちゃうほどそっくりだった。私とずいぶん会っていない人には水牛をググってもらいたいと思う。

2021.2.1

美しいもの、手の込んだ職人技、時間を感じられるもの、などなど人によって異なると思うが、こういったものがささくれ立った気持ちをも落ち着かせてくれるものなんだと、体感としては昨日初めて分かった気がする。そういったものを扱う商いをだいぶ長いことしてきたというのに。芸術や文化も然り。早く色々な場所に行き、震えたい。