2018.4.23

「ムーミン谷の十一月」を読み始めた。実は初めてのムーミン。初めてなのにこの中途な感じのものを選んでしまった。まぁいいか。読み始めて早々、冬眠、もしくは冬支度してみたい!という衝動に駆られる一文が。『冬もまぢかな、ひっそりとした秋のひとときは、寒々として、いやなときだと思ったら大まちがいです。せっせと、せいいっぱい冬じたくのたくわえをして、安心なところにしまいこむときなのですから(中略)自分のぬくもりや、自分の考えをまとめて、心の奥深くほりさげたあなたに、たくわえるのです。その安心なあなたに、たいせつなものや、とうといものや、自分自身までを、そっとしまっておくのです。』自分自身に蓄えるっていうのが良い。そろそろ初夏だけど、気分は冬目前にいざなわれた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です