2016.3.12

「一日、15分でよいから人間が作らなかったものを見たほうがいい」と養老孟司が言っていた。普段生活している心地よさから一変、善悪のない自然のエネルギーに巻き込まれて、想像を絶することが起きても冷静さを保てるように、常に外部に向かって開かれた姿勢を取っていることが大切だという。目の前の山々、毎朝夕の空。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA