2016.12.4

初めて子供が俳句(自由律)を詠んだ日(→親バカ)。お土産のみかんを食べてティッシュペーパーに赤いボールペンでおもむろに書いたのが「みかんだいすき わこもすき」。俳句というのは大袈裟にも程があるけれど、自分が何か感じた思いを文章に残すというのはとてもいい事だと思う。頭の中の物事を整理できるし。これからも大いに詠んでいって欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です